言うに言えない考え事を書き綴るネクラな日記です


by yasmich

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

時間もお金も


時間もお金も足りないなぁ。

税金、あがりすぎだよね。かなり痛い。

でも お金のことばっかり考えてると
心がすさんでしまうのは
何年か前に よくわかったし。

なんとか なるものだって
楽観的には考えてるつもり。

仕事受けすぎて
時間がなくなっていくと
心も ゆとりがなくなってせまくなるのが不安だ。

いつもにこにこ いられなくなる自分に
どんどん自信がなくなる。

いつも コストとか
仕事の進み具合とか
収益とか

考えてる どろどろしたところを
出さないようにして
たのしくするんじゃなくて、
いつも 素直で純粋でいたいと思うし

深く考えないで
自分が 思うように
行動したいと思う。

気を楽にしたい。

と思うと
ちょっと これからの 計画がたったから
忘れないようにここに書こう。


個人で受ける 仕事と、
会社で受ける仕事をわける。

会社の機材をかりないでいいように
そろえる。

プリンタ、スキャナ、
新しい powerbook
mac版 microsoft office

自分の名刺つくる。

会社の仕事は 内容をしぼって、
さっさと仕事片付けて
7時とかには帰れるようにする

んで よる、自分の仕事すればいいし。

部屋の カウンターを誰かにあげる。
そこに チェストを置いて 部屋を広く使えるようにする。

今の使いにくい パソコンデスクをすてて
ちゃんと 長時間 家で仕事できるデスクを買う。 

まずは
いまの手持ちの仕事を 片付けてしまうことが第一だな。
んで 会社の仕事は
必要最低限にする!

んで そういう 準備する時間つくって、
やりたいこと、
やんないとね!!!

なんかわくわくしてねむれなくなってしまった。
[PR]
by yasmich | 2007-07-23 00:16 | しごと

ここにしか書けないこと

最近 なんだかんだ
かなり 多忙だ。幸せなことなのは 十分わかってるつもりだけど。


ウクレレ練習してないし、
たまに ふと 思った大切なことを書き留めるひまもない。

今日は 明日 打ち合わせのお仕事を
さっきまで やっていた。

実家に帰ることにしていたので、
父親の ノートパソコンを借りて
仕事をする。この環境ですら、めぐまれている。

今住んでいるところは 職場の近くで、
実家は 実はそんなに遠くない。

バスで都市高速にのって、
30分でついてしまう。
ただ交通の便が悪いので 職場の近くに住んでいる。


実家に帰るバスの中で、
先週 生まれてはじめて 見た 博多山笠の 廻り止めの看板を見つける。

博多。。。というか
ちょっとはずれてるけど
博多弁で 育っておいて、山笠を生で見たことは 一度もなかった。

高校生のときに ちゃりで
芝居の練習から帰っていると、
祇園の 裏道で、 山笠の練習に 遭遇した。

人間が担いで 走ってるのに
まるで トラックが 目の前を とおり過ぎるようだった。

山笠はいつも 平日の 早朝だったので
家族で 見に行くひともいなかった。

今年はたまたま 日曜の早朝だったのと、
ここ一年 朝方まで 飲む 友達が増えたので、

かれもやる気で 5人ほどで 台風の過ぎ去った雨の中
神社に向かった。



バスの中で 思う。

「博多のおいちゃん、あたし やっと山笠見たよ。」

博多のおいちゃんは、じーちゃんの おにいさんで
博多祇園の近く、呉服町に住んでいた。

山笠が大好きで、いつもふんどしをしめて 参加していたことを、
博多のおいちゃんが 死ぬ前に 入院していたときに知った。

あたしは小さいときから おいちゃんが大好きで、
じーちゃんより、そのまたおにいさんの
もったいのおじちゃんより、
博多のおいちゃんが大好きだった。

おいちゃんは あたしに 博多弁を
教えてくれた。

乱暴な言葉づかいは
おいちゃんと 仲良くはなす
ルールのようなものだった。


じーちゃんも、ばーちゃんも、
死ぬ前は 体が痛いので
早く 楽になってほしかった。

本人たちも きつそうだった。


博多のおいちゃんはちがった。
山笠の時期に 練習の音を聞いては
ふんどし姿の自分の写真を見せて、
山笠に出たがっていた。


あたしは
「死にとーない」
という ベッドの上の お年寄りを始めて見た。


おいちゃんは 死にたくなかったのだ。

ぜんぜん、元気になって やりたいことがたくさんあったのだ。

あたしは 大事なひとは
博多のおいちゃんに会わせたかった。


おいちゃんが あんなに好きだった
山笠を見て、感動したことを
おいちゃんに伝えたかった。


でも おいちゃんは 
9年前に死んだので
喜んでもらえない。


この間 知り合いが亡くなった。
亡くなる原因になった 話を その人とランチしたときに 聞いていた。

たまたま つい最近は いろいろと 用事が重なって
よく連絡をとっていた。

姉の友人は みんなあたしを 自分の妹のように扱ってくれる。

そのひとも そんな ひとたちの ひとりだった。

このあいだ 交差点で 似ている人を見つけて
おどろく。

そのひとは 死んだから いるわけない。





あたしは 安月給で 作業ばっか くるったように
多い 職種で、
税金あがったりして、最近 金欠気味だ。

おまけに 毎週末 かれや いつもの友達と
飲んだり食べたり するので
むだ使いしている。

一人暮らしだし、好き勝手やっている。

誰かの誕生日だといえば
すぐに みんな集まって にぎやかになる。

京都に行きたいね
と誰かが 言えば
気が合う やつらと計画をたてる。

いつも 一緒、みんなで楽しい。






楽しくて楽な ところ は 吸水口のように、
みんなを 吸い込んでいく。

あたしも吸い込まれる。

みんな一緒なら、 吸い込まれたあとの
まっくらな 穴の中で ちりぢりに流されていったって、かまわない。

って いうふうには 思えない。
吸い込まれて、みんなで笑っている
ところから、いちぬけ したくなる。


なんでだろー。
みーーーーんな集まってきて
しばらくすると ひとりになりたくなる。

はずれたくなる。


つまんない性格。


プライド高いのかな?


明日は 土曜で、いつもだったら
ガチで いつものやつらと飲むけど

ちょっと 自分抑えようかなと思う。


ほんとに みんな大好きだし、
居心地いいし、楽だし、
一緒にいると幸せだけど

ずーーーと甘えてしまいそうで、怖いからさぁ
[PR]
by yasmich | 2007-07-21 04:06 | じぶん

自信て


最近仕事とか、
自分とか、けっこう充実してて、
いろんなこと 考えたり、
いろんな経験したりして

ブログにかきとめときたいこと
たくさんあったけど、なかなかの忙しさだった。

最近の課題は 自信だ。
あいかわらず 自信だ。

「調子にのる」と「自信」はちがうわけで。

自分のことを 勘違いするのだけは やっぱ避けたい。


かれは いま とっても好きに思ってくれてる感じだけど
これが ずっと 続く自信がない。

結婚する価値のないオンナ
一緒に生活する価値のないオンナ

って ことばが おもいつく。

たしかにそんな気がする。

優柔不断だし、容量わるいし、
すぐ 考えすぎて気付かれするし、
マイナス思考だし、
弱気だし、

まったく かれにとって いい 相方になる
自信がない。

かれのまわりの すてきな 女の人
よりも かれに 大事に思われる 理由がない。


から 太らないようにして、
できるだけ 趣味のいい服きて、
部屋そうじしてないと、
自信がもてない。。。



でも 最近成長したこと。

ぐち、減った。すこし。
ひとのはなしを まえより 聞くようになった。
自分のペースで、行動するようになった。

すこしずつ、ごまかさないで
じぶんらしく ありたいけど
あたしの よし とする あたしは
全然 ほかの すてきなひとたちよりも
すごく 幼い 位置 でしかなくて

それよりも もっと がんばんないと
ちゃんと ひとりの おとな って言えないんじゃないだろうか。


つよい ひとが 好きみたいなのに、
なんで こんな よわっちぃ やつ といるんだろ?

楽だから?
それじゃ あとが ないでしょ?
[PR]
by yasmich | 2007-07-01 23:47 | じぶん