言うに言えない考え事を書き綴るネクラな日記です


by yasmich

<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

整理してみる


最近 突発的な 涙の理由。
(おふろに入ってるとき かならず ぶさいくなかおで ひぃ〜となる)

・かれは「努力」しないとあたしに会おうと思わないんだ。と思ってしまう。
・かれは「悪いと思って」会ってくれてる と考えてしまう。
・かれの 人生プランに あたしは お漬け物程度の 単なる 彼女でしかないのかもしれない。(なくてもいいけど あったほうがいい)

もっと一緒にいたいです と伝えたときに
「努力します」と「悪いとおもってるよ」と言われたことと、
会えなかったらそれでいいや っぽい 行動 が 原因みたいだけど。

全部 自分で ネガにとってるってのはわかるけど
そう 心が感じて
無意識に 泣き出すから 仕方がない。

いかんなぁ、いかん。

さらに
最近 さびしがってちゃ いかんと 結構 行動的で活発に遊んでるのと、
強がって 独りでいろいろやっちゃうとこ
(散歩いったり、映画みたり、買い物したり)
が、

かれの 負担にならないようにやってるつもりが
逆効果で かれにも「おれいなくても十分 この子はたのしそうだ」
と思われてないかなー もしかして。


なんかもー 行動と思いが 矛盾してるから こんな
わけわかんない ややこしい やつになってしまうんだと思う。

整理してみると、
まったく すなおに 正直に行動してない ことにあせる。

もう 距離置かれるの覚悟で 全部 言ってしまおうかな。
泣きながら つらいよ ほんとは っていっちゃおうかな。
と考えていると

深夜の オレンジデイズの 再放送で
小西真奈美が 目に涙をためて 言う。

「あなたの 人生に 私はいないの?」

ひえー あっぶねー
これには なりたくねー。

んーーーどーしよ。
ネガにとらないこと?

ポジに考えてて ひとの負担になったり
遠くに行かれたりする 不安が
どうしても 克服できない。
[PR]
by yasmich | 2007-01-31 00:28 | じぶん

むぉー

「あたしと会ったらおそくなるからって、敬遠されないように、
早く帰れる様にするんです。」

かれが 「なべ」と言ったのを
あたしが 「らーめん」と聞き間違えて
入った 中華料理やで 話す。


「よくご存知で!」
かれが TVタレントのものまねをしながら 答える。

月曜の8:30pmに
「おれしごとおわった。」のメールが来たから
焦って 仕事かたづけていったのに

間違えてラーメンたべにいって
ゆっくりなべつつけたはずなのに。。。ひどすぎる。

かれが もつ鍋って言った時は
土日に見れなかった DVDを
今日みちゃうのかな とおもったから

鍋くって DVDみたら なんじになるとおもってんの!?
と思ったけど


かれは はなから 今日はDVD見る気はなかったそうで。。。


すれちがいまくり
かんちがいしまくり


中華料理やで ラーメンとチャーハンと餃子
食べる 時間の長さなんて たかが知れてるわけで

しかたなく かれに
「家までおくりますよ」とチャリの スタンドをける。

仕事まだあるっちゃあるし
まだ10:00pmだし
「会社もどろっかな。。。」とぼやくと

かれは 「がんばれよ。」と
キスして マンションのエントランスに帰って行った。

「角まで送るよ」って言ってくれたのに
あたしが へこんでるから しかたなく と 思っちゃったあたしは
「おきづかいなくっ」なんて 笑顔で言ってしまう。
その結果 こうなんだけど。

かれが去ったあと
10m チャリを走らせて とまると
どうしようか ひとりで考え込む。

会社もどるのも やだなー なんかもー。

ちゃりで ふらつくことにきめる。ひさしぶり。
スタバが見えたので スタバで カフェモカを にぎって 
むなしい涙をこらえる。

2個となりの テーブルで
高校生くらいの 男の子が
「で、どうなん?」と 笑ってごまかしながら、
同じ年くらいの すこし 派手目な女の子に
自分の彼女になってくれるか 確認している。

彼女は 好きでも嫌いでもないけど あははー
みたいな感じで よくもわるくもとれないような
話のはぐらかし方をしながら
だんだん 関係ない bagや コーヒーや お小遣いの話を盛り上げて行く。

閉店時間が来たので
まだ あったかいカップを片手にもって チャリをこぐ。
底にたまった チョコレートシロップとコーヒーが
舌にまとわりつく。


家に戻って ソファに丸くなって
ひとしきり「もうやだよーーー」
と 片思いに涙したあと
洗濯物をたたむ。
迷ったあげく テレビをつけると
お笑い芸人のおかげで

たいしたことじゃない と思う事ができた。

今日は朝から 仕事ばりばり。
やることやって かえっぞ。
[PR]
by yasmich | 2007-01-30 13:09

考えてみればさ

まーさー、
2時間とかだったりも するけど
週に1回は会えてるしなー。

ってことだよなー。

と考えてみた。

でもさー たくさん会ってちゃだめってわけじゃないしさっ。

最初から会えないのわかってたらいんだけど
びみょーだから 会えないのわかってから へこむんだよねー。
会ってからもなんか脳みそ疲れてそうだから 時間がほんとにあるときしか
お互いの話もできないしさー。

だから せっかく会えても 気持ちが不安定なまま
会えない日々を過ごさないといけないし。

かれがどう思ってるかわかんないからって
自分の気持ちを隠すのは あほかなー てことで、
今年の目標の「すなおになる」は すこし 順調な気がする。

かれの重荷にならないで、
かれがよろこんでくれる 気持ちの伝え方ができればえんちゃう。

ただよろこんでくれるには かれが 好きでいてくれてるという条件が
不可欠なんだけど
もうそこは 好きのレベルが どんくらい 低いとこでもかまわないから
あたしのこと多少なりともすきなんだと考えないとあほよね?

金曜日は いつもの居酒屋のおんなのこに、
今度デザインする 広告の 筆文字を頼んでいたので、
土曜日にお客さんに提出するために 原稿を取りに行くことにする。

3:00amくらいに起きて いつもの飲み友達に電話をしようと
思って寝ていると、
2:30amに 筆文字の女の子から電話がある。
「今 かきなおしてるけど わかんなくなっちゃった!
みんな来てて みてもらってるんだけどねー。」

「どうせ 行くつもりだったから もうすぐいくよー」
と言って、起きてでかける準備をする。
3:00amごろそろそろ出ようとしていると

アホメールされたかれから
仕事おわりの電話がなる。
電話しなくていいって言ったけど、しなくて よかったけど
やっぱうれしい。
おつかれさまを言って、今から出かけることを話す。
かれは相当疲れてたので 電話を切ってメールする。

「なんにもできないから つらいけど yくんは仕事でもっときついやろーし、
そのぶんあたしもがまんして yくんが 一息つけるのまっとくよ。
でもおとなしく待ってなくてちょっとわるいなーと思うけど 許してね。
あと たまには なんかたのんでね。
そいじゃ 死なない程度にがんばって、元気になったら
あたしに ちゅーして 顔見て ちんこいれてね☆」

居酒屋にいくと 4人飲んでた。みんな
かれが大好きだから、「yさんは?」と聞いてくる。
「しごとー。さっきおわったみたい。まじきつそーでかわいそ。」

「おー!mちゃんもそんなこと思うんだ!!」
・・・うっさい(苦笑)。

筆文字の
原稿をもらって、
みんなであそんでるうちに 閉店の5:00amをすぎて、
朝の11:00に店をでる。料理長は2:00pmから仕込みなのに。

9:00くらいから「やばい、やばい、、」とか言いながら
いっしょに アコースティック弾いて
帽子とりかえっこして遊んでた。

飲んでたみんなと帽子屋に行って ろっくおんしてた
キャップを買って、
カレーをたべると 12:00だったので、
そのまま 会社に行く。
デザインを終わらせて お客さんにメールしたり、
いろいろやってると18時すぎに かれから電話がかかってくる。

土曜だけど まだ 仕事がっつりで 会えないと思ってたから、
金曜の夜から1時間半しか寝てなかったし、
帰って そっこう寝るつもりだった。

けど かれが、7時間前まであたしがいた 居酒屋で夕ご飯を食べて
帰ってねる って言うから 仕事をかたづけて 会社を出る。

お店に着くとたぶん3時間しか寝てない
料理長が 超元気に迎えてくれる。

修羅場がやっとおわったかれは
まだリラックスしてなかったけど ほんとおつかれさまな感じだった。

かれに会えたら話そうと思ってた たのしいことが まったく出て来ないけど
かれの ぐちを聞いて笑う。

「ねぇ あたしが yくんからの 連絡なくて文句言ったのって、
始めてじゃない?」と わくわくして聞く。

かれがうなづく。満足。

「メール気付いてないと思わなくって、
メール見たのに、いそがしいからって 40分シカトされたとおもって、
たまには文句言ってみようと思ってあほって送ったの。
今無理って返事が来とけばよかったの。
あとね、○○さんに聞けばわかるけど って言われたのが
むかついた。」
と普通に話すと かれもわかってるらしかった。

あとは できるだけ かれに
かわいいと思ってもらえるようにいっぱい笑って話す。

今週からお店で出してくれることになった
あたしが 焼いた ガトーショコラを ふたりで食べると、
かれが 行くって言った TSUTAYAに行く。

帰って寝るって言ってたじゃん と思いつつ
何も考えず DVDを2本借りると、
かれは 「家でゆっくりするのは明日にする」って言って、
一緒に あたしの部屋に帰る。

次の日曜の朝 起きてかれは昼から仕事に行く。
コーヒーをいれて バゲット2、3切れを
ハニートーストにして食べる。
今日は かれを送り出して 部屋の掃除でもしようと
思ってた。そしたら かれが 「ステーキランチに行こう」とか言いだす。
かれと出かけるときに おろそーと思ってた
あたらしい CAMPERのブーツを履いて 部屋をでる。

途中で「それ初おろし?」とかれが聞く。
「うん!」
最初に履いたの見せたかったから 早く履きたいのがまんしてたこと
伝わったかな?

結局 ドイツソーセージのホットドッグを食べて、
歩きながら 「もし 今日yくんが 仕事なかったら
ホームセンターにつれってってもらおうと思ってた」
っていうと 車だして つれてってくれた。
戻ってきて ふたりでたこやきを食べて別れる。

夕方には仕事おわるって言うから
あたしが夕ご飯をつくって、昨日寝ちゃってみなかった
DVDを見る約束をする。

かれの仕事は ほんとにはやくおわって、
DVD見て、パスタとかれの好きなフレンチトースト食べてsexして、
また 敬遠されると嫌なので10時すぎたら
コーヒー入れて かれを見送る。

はーたのしかった。
あたしの本音をはなしたときに、
かれが うれしそうにしてるのがわかると
すごいうれしい。かれは「くっくっくっ」ってにやつくだけだけど。
この調子で 負担にならない 好きカタしたいけどなぁ。

基本は かれに 合わせすぎないで
あたしが楽しむ ことかなぁ。

じこまんじこまん。

でもやっぱ 会うのが週1だと
残りの人生の7分の1しか
かれといる時間がないって思っちゃって、いやだ。
会えない時間に年とっちゃうし、いやだ。

明日から また 元気にやるっす。
かれには会えないものと 思うのがいちばんだねっ。

すきだからしかたねっ
[PR]
by yasmich | 2007-01-29 00:23

あげく

あほあほあほ。返事くらいしてくれたっていいじゃん(涙)


夕ご飯に誘うメールをして
40分後に会社を出てメールする。

おこるの はじめてかなぁ。
わかんないけど。

むーっちゃくちゃ いそがしいかもしれないことは
予想してたけど

「今日は無理」って返事がくれば それでよかった。

でも こんなに 会ってなくて
そんなに話してもなくて 今週は 元気でけっこうがんばったのに
返事くらいしてくれったっていいじゃん。

涙 メールをおくると1分後に 電話がなる。
チャリだったので とれないでいると
3コールで 切れて、
もう一度かかってきた。

返事をくれれば それで よかったので 普通にでる。もしもし。

かれは説明する。

ごめん全然気付かなかった。
今日はほんとに 大変で 3時までかかるし
あしたもはやい。
○○さんに聞けば わかるとおもうけど いま ほんとに大変。
帰りにいちお電話するから。

あたしは 電話を断ってしまう。
「ううん いい。大丈夫」
○○さんは かれの会社で働いてる、あたしの友達だけど

○○さんに 聞かなくたって、 yくんが言えばわかる。
あたしが メールしたのは
返事してくれなかった ことが さびしかっただけなのに。

あたしが yくんいそがしくて 会えないのを 怒ってるように
言わなくたっていいじゃん。
そんな 困らないでよ。


電話の最初に
「大丈夫?」と聞くと
「だいじょばん」とソッコー 答えるし、
実際 ほんと大変なのは 言ってくれればわかるよ。

「大丈夫」なんて あたしが 言う言葉じゃないし。
あたしより yくんが1000 倍 きついの
わかってるけど

あたしだって そこまで 無いもの扱いされたら
文句 くらい 言いたくなっただけなのに。

だれもわるくないから どっか 行きたい。
かれをこまらせないように
ひとりになりたいなぁ。携帯の電源切りたいなぁ。

でもそんなことしたら
攻めてるとおもわれるから しちゃいけないもんね。

でも すねたくもなるよ。。。

仕事がんばって


すきなひとが ひとりで無理するしかないときに
なんにもできないのは つらいなーーーーー ほんと。

つらい。

だから あたしも がんばって このつらさに
耐えないといけないのかな?
そうだね きっと。

かれが 仕事から 逃げられないのも
あたしが つらいのも

どうにもならない。
なるほど これで いいのかな。
ふたりとも このつらさから 逃げられないの。

あたしの方が 全然 なまぬるいけど
[PR]
by yasmich | 2007-01-27 00:26

もう おこる

11:00pmに会社から メールする。

「金曜だし 夕ご飯くらいたべないですかぁー」

返事ない。
だめでも いいから 返事くらいしてよ。

ほかのひとに 飲みにさそわれたけど
まったく行く気しない。

むー

「あほ」とメールすることにする。
[PR]
by yasmich | 2007-01-26 23:24

ひさしぶり

金曜は連絡なさそうだったし
会社で0:00amまでがんばる。

胃の調子は よくはないけど
友達でもある同僚と二人で
「ちょっと飲みたい」とか言って
後輩のお店で おいしいお酒を飲む。

2:00amごろ
いつもの居酒屋の前を しれっと
通り過ぎようとしたところに、
スタッフがちょうど出てきてつかまって、5時近くまで
飲んでしまう。次の日は11時から仕事なのに。

土曜は会社関係のイベントに参加したあと
のんびり仕事する。
飲みの誘いを断って、
日曜に仕事中のかれに渡す チーズケーキを焼くことにする。
今回のは ちゃんと かれのために焼く。

金曜の昼間 仕事の合間にお母さんとランチをしたあと別れて、
会社におみやげを買おうと
かれの会社のとなりにある ケーキ屋に行こうと
信号待ちをする。
目の前のローソンから かれが出てきた。
信号が変わるのを 待って 大股で 道路を渡る。

かれは 気配を感じて一瞬後ろを見たけど
そのまま前を向いたので
あたしは かんちょー した。

スでびっくりしたかれがおかしくて
あやまりながら 爆笑する。あんなに笑ったのひさしぶり。
かれもわらった。よかった。
時間はなさそうなので 笑った延長で ほんの少し話す。
「差入れしたらだめなんでしょ?」
「余裕ないから。余裕あるときはいいけど」

「ねぇ 渡すだけじゃだめ?渡したらすぐ帰るから」
かれに なんかしたいもん。
OKをもらって 思い出し笑いをこらえながら
会社に戻る。

土曜深夜の3:00am頃 メレンゲを泡立てていると
いつもの居酒屋から友達が電話してきた。
夕方のみの誘いを断った友達。
仕方ないので ケーキの半分を居酒屋に差入れすることにする。

日曜は 結局 朝の10時まで お店で遊んでしまう。
午後から実家に帰ることに決めて、
昼過ぎに 家からかれに電話する。

「今から買い物して実家に帰るんだけど、チーズケーキ渡せる?」
ほらね、 渡すだけでしょ?これなら 会ってくれるよね。

かれ独りの会社にチーズケーキと、途中で買った
サンドイッチとガムボトルをもってった。
少しゆっくりしてたので 肩のマッサージをしながら
前の晩の 出来事を話す。
チーズケーキを焼いていると 他の友達が
つぶれてもうひとりが電話してきたので 迎えにいった。
4:00am。taxi捕まえて行くと
ひとりは怒ってて ひとりは寝てる。
そのまま チーズケーキを待つ 居酒屋に 二人を移して、
あたしは オーブンの中身を取り出しに家に戻った。
その後 お店に戻ると ふたりとも いすのうえで 熟睡。

「迎えにいくとき電話すればよかったのに」
かれが言う。
「できないよ、つかれて 寝てるのに。」

「そういうのは別」
それを聞いて うれしい。
「ほんとに 困ったときは 電話するよ」って答える。
かれのことたよりにしてないんじゃなくて、
たよりにできない。

ちょっと前に 会社帰りに考えてた。
「今たとえば 襲われたりしたら かれに電話しても すぐ動けない状況かもしれない。ひまで すぐ 動ける お父さんとか他の友達に電話したほうがいんだろか。
そんなこと考えてるなんて知ったら、怒るかなぁ」

ばかばかしいけど、いきなり あたしの周りの事故を
かれに 投げるのは ちょっと 躊躇してた。
実際 つぶれた友達を 迎えにいくときも
もちろん かれに 電話すること考えたけど、
自分のことずうずうしいとしか思えなくって。

でも かれがそう言ってくれたから 次からはすこし 遠慮しなくなればいい。

「元気ちょうだい」
かれはひざにすわった あたしの上着のなかに 手を入れる。
「おっぱいさわったら 元気でる?」

かれはうなづく。あほか。でも むちゃ うれしい。
かれにキスしてもらって、9時pm過ぎの夕ご飯の約束をしてから
実家に帰る。

結局 実家から戻って
家でちょっと横になってると
かれから電話がある。 「仕事がおわらん」

すこし 二人で迷って、
あたしがグラタンを作って かれの会社に向かう。

ペリエを飲んで、ミートソースグラタンを食べながら
両親と、それと出産祝いを渡してきた友達の話をする。

それからちょっとがんばって話す。
「こないだ 平日に電話したとき、
元気でるかなと思って 電話したけど、
あたし に元気がないのが 敗因でした」

かれは かんちょーが げんきでたって言ってくれた。
あのときサイアクの気分だったらしい。

食べ終わって タバコを一服したかれに
正面からまたがる。かれの首に手を回して、顔を見ながら話したかった。
でも かれが すぐにキスしてくれた。
あたしの しゃつを 持ち上げるかれに聞く。
「こんなんなるから 電話したらだめなの?」

気持ちよくなって、でも生理中のあたしは 時間を気にしながら
かれのを ジーンズからひっぱりだして、
かれが なんにも考えないで いける ようにする。

食事を始めて20分でキスをして、
15分たったころには かれのを飲んだ。

仕事が 残ってるかれに 「じゃーね」と言ってすぐに帰った。

sexは おいといて、
自分の罪悪感や寂しさを ごまかすための
親切や思いやりの 押しつけは よくないけど、
かれに なにかしてあげたい 気持ちを 素直に伝えるのは
わるくないかも。

甘えなかったらかれも 喜んでくれた 気がした。

完璧で強くて 独りがいいと思ってたかれを

かのじょのcareができない だめなやつ 
だと思うと、すこし遠慮なくすことができた。

かれの誕生日には 昨年探してた ベルトを買おう。
そのあとのあたしの誕生日は
なにがほしいか聞かれたら
好きって言ってもらおう。
[PR]
by yasmich | 2007-01-23 01:59

きえるぢしん

もちろん
月曜から まったく 連絡はないので
水曜の 深夜0時
会社で

かれは 帰ったのかなー
働いてんのかなー と 葛藤しながら

明日提出の仕事を むりやり 切り上げて
会社にかぎかけて出る。

働いてるんだったら

あたしだったら 電話してほしーと思って
結局 へなちょこな あたしは 3日前のリダイヤルを押してしまう。

あたしの声聞いて 元気出してくれないかなー。

と 思ったんだけど。
それは かれが あたしのこと すきかが 前提なわけで。。。。

もちろん
あたしが電話しても
かれが 元気になるはずもなく
ただ めいわくがられただけで おわった ようなかんじ。

あたしのテンションひくいのもわるいんだけど。
だって 仕事きつくて つらいもん めげそうだもん
元気わけてあげられない。

・・・ってことは 当然 元気になるわけないやん!
やっぱ電話すべきじゃなかった。。。

あー!!やっぱ電話せんどけば よかったー!!!
最悪。

月曜日から 毎日 仕事は午前0時 近くにしかおわらないけど
部屋に帰って
突発的に 泣き出す あたしは

ちょうど 前のかれと 別れる前の
鬱状態に 良く似ている。

はー!すきなひと 以外での 幸せ 見つけないとだめなんですか。

今日は しごとは 一時的ではあるけど
おちついたし ちょっとははやくかえれそうだ
[PR]
by yasmich | 2007-01-18 14:17

言ってみる

「あのね、yくん
今のままでも がまんできるんだけど
ほんとはもっと一緒にいたいです。
無理してほしくないし、
疲れたときは寝てほしい。
空いた時間は やりたいことやってほしいから
待ち構えないで過ごせるようにがんばってます。」

かなり ひさしぶりのsexしたあと
かれにだっこしてもらって
顔を見ずに 言う。

テレビ見てるかれと会えなかった夜
手焼きのガトーショコラをもって
いつもの 居酒屋に行って、
閉店後の スタッフに仕事の相談をしてるうちに 

話の流れで
最近飲んでる 友達には話すことがなかった
かれに対する本音を話してしまう。

あーやっちゃったね。
「ほんとは もっと一緒にいたい」
仕事の話 はふつーにできるけど
かれの 話になると 泣いてしまった。

みんなは かなり 笑ってくれて 助かった。
「ちゃんと 言いなさい おしつけがましくなく言う方法はある」
と 言ってくれた。

たしかに 最近
あたしも かれのこと 気持ちが 薄れてきてると思われてもしかたないこと
してるな と思ってたし

かれに 罪悪感もたせない 言い方はないかなーと思って
考えてみた。

土曜は テレビ見終わったかれから
電話があったけど
「もうねるでしょ?」と軽くいうと
やっぱり 寝るらしい。いんです。いんですけど。
日曜のひるから会って
博物館にいくことにした。

居酒屋での忠告のおかけで すこし 素直になれた
あたしは一緒に部屋に帰ったあと
かれに キスして すぐテレビの方を向く。

かれが むちゃ いいsexをしてくれたので
やっぱり 自分の気持ちは 言おうと思って
おちついて 話す。

かれは 「努力します」と答えた。
「悪いなーと思ってたりするよ」 って言った。

「なんで 努力するの?
悪くないよ。今のままでいんだよ。
会いたい時に、じゃないや。
会える時に会ってくれたら いんだけど、
ちゃんと 言っとかないと 知らないかもしれないなーと思ったの。
ねー 知ってた?わかってた?」

かれは 知ってた。
ま 知ってるよね。

他のヒトからは 全然そんな風に見えなくても
かれには やっぱり ひしひしと伝わってた。

居酒屋の大将さんは
「そんなに mちゃんが かれのこと 思ってるようには
日頃の行動からは まっっっっったくわかんないよ!」
って 言うんだもん。

でも まんざら 間違ってないこともないと思う。

かれの 負担にならない ように
気持ち伝えれたと 思うけどなぁ。

これで もうすこし 好きになってくれたら いーのにな

かれは 3切れ とっておいた
ガトーショコラを おいしそうに食べて、
キムタクの 日曜ドラマとNHKのプラネットアースを交互に
あたしと見た後 
キスして
「今日は いい 日曜日でした」
といって 帰っていった。
[PR]
by yasmich | 2007-01-14 23:34

やっぱ 現実

金曜に 体調サイアクなのに
お客さんの飲み会にいく。
そのあとも おえらいさんによびだされて
無理して 食べて飲む。

1:00amに帰って ハク。くるしむ。
胃が痛い。今週ずっといたい。

土曜 ひる おきる。

かれから電話はなかった。

あたまも胃も いたい。
14:00に会社にいく。
胃が痛い。
頭痛がひどいから 痛み止めを飲むと
夕方おさまった。

劇団のミーティングがあってることがわかって
遊びにいく。
帰りに かれの弟に会う。

「あいつ めちゃイケ見ながら 家で寝てるよ。」
おどろく。
苦笑いしながら かれの家の方を指差して言う。

「おつかれだから。」

チョコレートケーキを焼くことにした。
かれが こないだ食べたいって言ったのは
チーズケーキだけど
チョコレートがあまってるし かれの口には入らないかもしれない。

帰ってめちゃイケを見て ケーキを焼き、
寝てから いつもの居酒屋が 閉店の5:00amくらいに
ケーキをもって遊びに行こう。

かれが ほんとにくつろげるのは
自分の家で のんびり ひとりでテレビみるか
好きな本よむ ときなんだろー。

帰り道 また泣いてしまう。
失恋した気分。
いつも 泣いてしまうのは 失恋した気分だから。

いまは かれより好きな人がいないから
わかれる必要はないし、
会えるときは 幸せだから とくに 答えを出す必要はない。

聞いてみないとわからないけど
聞かれたくないだろうから できるだけ 聞かないけど
かれが ほんとに ずっと ひとりがいんだったら

あたしは さびしすぎるから
かれみたいなひとで
いっしょにいてくれるひと さがさないと なぁ。
[PR]
by yasmich | 2007-01-13 22:07

ピンチ

プレッシャーと
たまった仕事から 逃げ出したい。

徹夜も してないくせに
情けないのは わかるけど
あたしは こんなもんです。

仕事が つらい うえに
かれと 電話で話すことも出来ないし
サイアク。

つらすぎる。

12時過ぎ 会社で残業中に
やっと かれから 来たメールは
友達も一緒に 一斉送信の
週末 スノボ 延期のお知らせだった。

これもショックだけど
まだ ばたついてるかなー
と思いつつ おもいきって電話をすると
かれは いつもの 居酒屋にいた。

今日は 友達きてて あたしも
仕事中に 顔出してたけど
会社もどって 仕事おわると もうきつかったし
帰った。

かれは 顔出していきーよって 言うけど
なんか すなおに 行く気になんないよね。

体もきついし 帰りました。

かれがいないと 元気になれない
I can't be Happy without you

John Feldman は このあとに続けて
you can't be Happy without me
って 言うけど

かれの場合そうでもないから
あたしだけ そうなのは ほんっっとつらいなぁ と思う。
しかたないけど。

たしかに かれは あたしのこと思ってくれてると思うけど、
恋愛の前に
仕事があるし
かれひとりの 人生があると思う。

あたしは すぐ かれあっての人生を考えてしまうけど
それは すごく 自分勝手で あたしの 理想でしかない。

この 理想と現実の ギャップに苦しんでいるのです。

服とか靴とか 買ってくれるよりも、
仕事帰りに電話してくれたら それで すごくうれしいのに。

でも かれにとって
電話や 一緒にいることよりも
あたしに似合うと思う ものを プレゼントするほうが
楽なんだろうな と思うと

電話して とか もっと一緒にいたいとか
言いにくいなぁ。

だって かれの中では
じゅうぶん、電話してるし、じゅうぶん、一緒にいるんだろう。

かれの 価値観と必要性 の範囲で ちゃんと
あたしのこと思ってくれてるなら、
それ以上を求めるのは
ただのわがままだと 思うわけです。

でも 最近の仕事のつらさ どうしたら いんだろう。
これこそ ひとりで 乗り越えるしか無いのだ。

あたしは かれが大変なとき なにか手伝えないかなと思うけど、
かれには それが 必要ないし、

ひとよりも 努力してる かれに
あたしの心配までして というのは 
かれがそれを望まない限り
あたしも望むべきではないのです。

今日の日記は
理想を 現実と思わないように
現実の確認をするための 覚え書きです。
[PR]
by yasmich | 2007-01-12 01:14 | しごと